2018年07月08日

第46回定期演奏会

マンドリンオーケストラコンコルディア第46回定期演奏会
日 時 2018年7月16日(月・祝) 開場:16:00、開演:16:30
場 所 かつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホール
(京成本線「青砥駅」徒歩7分)
入場料 無料(チケットなしでもご入場いただけます)

第1部
群炎IV 熊谷 賢一
シンフォニエッタNo.7+1/2 大栗 裕

第2部
序曲「ロシアの祭日」 Александра Пахмутова/ 歸山 榮治 編曲
コンチェルト・ファンタジー Бори́с Алекса́ндров/ 歸山 榮治 編曲

第3部
歌劇「ウラガーノ」より第三幕への前奏曲 Ugo Bottacchiari/石村隆行 編曲
交響的間奏曲「グラウコの悲しみ」 Angelo Mazzola
シンフォニエッタ第1番 大栗 裕

46th_1.jpg 46th_2.jpg

大栗裕は1918年7月9日に生まれ、2018年には生誕100周年を迎えます。数奇な縁で、例年6月に開催しているコンコルディアの定期演奏会も今回は7月になりました。コンコルディアでは第38回定期演奏会から大栗のシンフォニエッタシリーズの全曲演奏に取り組んでおり、生誕100周年に合わせて最後の作品を演奏します。
大栗はマンドリンオーケストラのためにシンフォニエッタシリーズをはじめとした純器楽の他、音楽物語、ミュージカルファンタジー等を多数残しており、総数は約40曲にも及んで全ての作品の中でも多くの割合を占めます。シンフォニエッタは7曲が存在し、標題を有しないか純音楽的な標題である絶対音楽の作品と、叙事的な標題を有する標題音楽の作品を含みます。コンコルディアの全曲演奏では、最初に最終作であるNo.7「コントラスト」を演奏した後に、まずNo.6「土偶」、No.4「ラビュリントス」、No.3「ゴルゴラの丘」という標題音楽のラインを遡って演奏し、その後No.5、No.2「ロマンティック」という絶対音楽のラインを辿って演奏しました。その演奏の中で、標題音楽として書かれている作品においては標題上の意味をもつ主題を循環形式で扱うことによって深い内容が作られていること、標題を有しないNo.1とNo.5については暗示的な標題イメージが投影されていること(No.1は伎楽のイメージで作曲されており、No.5は標題音楽である組曲「陰陽師」と第3楽章を共有している)を理解してきました。
今回演奏するシンフォニエッタ2作品のうち、1曲目はシンフォニエッタNo.7+1/2です。オリジナルのNo.7「コントラスト」は、シンフォニエッタのシリーズ中では例外的に弦楽器のみの編成で書かれていました。これに管楽器を加筆してサブナンバーを与えたのがNo.7+1/2で、この曲がシンフォニエッタシリーズ最後の作品となりました。そして全曲演奏の大トリを飾るのはシリーズの原点であるシンフォニエッタNo.1です。関西学院大学マンドリンクラブの創立50周年を祝して作曲された本曲は、大栗裕生誕100周年を記念するに相応しい名曲です。
No.7+1/2にはNo.1に通じる動機を共有しており、シリーズとして大きな循環形式を形成しています。今回の演奏会は一度にこの2曲をお聴きいただくことで、シンフォニエッタがシリーズとして描こうとしたものを感じていただける稀有な機会となります。全曲演奏を行ったコンコルディアだからこそできる演奏を是非お楽しみください。
posted by コンコルディア at 20:45| Comment(0) | コンコルからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント