2018年07月08日

序曲「ロシアの祭日」

序曲「ロシアの祭日」
Увертюра ≪Русский праздник≫ (1967)
アレクサンドラ・ニコライエヴナ・パフムートワ 作曲 歸山 榮治 編曲
Александра Николаевна Пахмутова (Aleksandra Nikolayevna Pakhmutova) / Rid. Eiji Kaeriyama (1929.11.9 Волгограда ~)

 作者のアレクサンドラ・パフムートワはロシアの作曲家。ソ連作曲家協会、およびロシア作曲家協会の委員会秘書官を歴任した。1929年にスターリングラードの近郊に生まれ、3歳からピアノと作曲を始めた。1936年より1941年の戦争までスターリングラードの音楽学校に通い、その後は1943年からモスクワのチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院付属中央音楽学校に入学して、ピアノを学ぶとともにヴィッサリオン・シェバーリンとニコライ・ペイコの下にあった作曲家サークルに参加した。1948年にはモスクワ音楽院の作曲科に入学し、シェバーリンの下で学んで1956年に大学院を修了した。
 多数の歌曲で知られているが、映画音楽、管弦楽作品など幅広いジャンルに作品がある。管弦楽作品としてはロシア組曲、トランペット協奏曲、序曲「青春」、管弦楽のための協奏曲などがある。序曲「ロシアの祭日」は、ロシア民族楽器オーケストラのためのおそらく作者唯一の作品で、1967年に作曲されている。編成上本作が他のロシア民族楽器オーケストラ作品と異なる点がある事にも触れておこう。本作は通常ロシア民族楽器オーケストラで使われるバヤンの替りにガルモーニが5台加えられている。バヤンはもともとは11世紀ロシアの吟遊詩人に名を発する独自の鍵盤配列を持った民族楽器の一つであったが、18世紀後半にドイツから来る季節労働者が持ち込んだ小型アコーディオンのガルモーニの普及とともに発展し、現代モデルではボタン式アコーディオンとほぼ同じ構造を有している。ガルモーニは小型で音域も狭い為、バヤンに比べダイレクトで軽い音色が特徴となっている。この為ソプラノ2台、アルト、テナー、バス各1台の5パートで必要とされる音域をカバーしつつ、作品の持つ明るい軽妙な響きを目指したと考えられる。構造上の違いとしてはバヤンがボタンアコーディオン(押引同音式)である事に対し、ガルモーニはダイアトニックアコーディオン(押引異音式)となっている。
 現代のロシア民族楽器オーケストラはペテルブルグに生まれ、幼少時より民族楽器に親しんだワシーリー・アンドレーエフによって改良されたバラライカやドムラなどの撥弦楽器を中心に構成された大ロシア合奏団に端を発している。バラライカやドムラのようにトレモロを比較的多く使用する表現方法など、ロシア民族楽器オーケストラのサウンドはマンドリン合奏と通じるものがあるが、マンドリン音楽の発展のためには「大衆性」を有するレパートリーの充実が必要と考えた編曲者の歸山氏は、親しみやすい音楽としてこれらロシア民族楽器オーケストラのレパートリーに着目しその作品をマンドリン合奏に編曲する活動を行った。
 本曲は同形の序奏とコーダを伴うソナタ形式による序曲である。第1主題はイ長調、第2主題はト短調-ハ短調(ドリア旋法)-ニ長調(ミクソリディア旋法)-ト短調-による。主題の展開要素が少ない中間部と属音保続部を挟んで、第1主題が提示と同形で再現される。第2主題は中間を取り出してニ短調(ドリア旋法)-ホ長調(ミクソリディア旋法)での再現が行われる。
蛇足であるが1968年ロシアの女性天文学者リュドミーラ・チェルヌイフが発見した小惑星には作者の名にちなみ1889 Pakhmutovaと命名されている。


参考文献: 作者公式ページ
ウィキペディアロシア語版
小林靖宏 「アコもの知りメモ」〜「国によって違うアコーディオンの呼び名について」 (アコーディオン・ジャーナル1980年5月号)
加藤徹 ダイアトニック・アコとコンサーティーナについて 空気を「こねる」楽器たち

posted by コンコルディア at 20:33| Comment(0) | 46th定演曲目解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント