2017年06月06日

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より交響的間奏曲

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より交響的間奏曲
“Cavalleria Rusticana” Intermezzo sinfonico (1890)
ピエトロ マスカーニ 作曲 清田和明 編曲
Pietro Mascagni (1863.12.7 Livorno~1945.8.2 Roma) / Rid. Kazuaki Kiyota

作者はイタリアの作曲家。生地のケルビーニ音楽学校でピアノと作曲を学び、卒業にあたってカンタータIn Filandaを書き、賞金を得た。またシラーの「歓喜の歌」に作曲し、それがミラノのコンクールに入選したためにラルデレル伯爵の目に留まり、ミラノ音楽院に留学することとなった。ミラノ音楽院ではポンキエッリらに学び、学友のプッチーニと一室を借りて暮らしたが中途退学した。その後は歌劇団などに加わって放浪を続けたが、チェリニョーラで結婚して定住し、本作を作曲することとなった。
カヴァレリア・ルスティカーナは一幕の歌劇で、現実的な題材で激情と抒情と対比させるヴェリズモ(現実主義)オペラの最初の代表作とされている。ジョヴァンニ・ヴェルガの同名の短編小説に戻づくもので、1890年にローマの楽譜出版商ソンゾーニョが一幕の歌劇の作曲の懸賞を募集したのに答えて作曲され、一等に入選した。マスカーニは本作の成功により一躍有名となり、本作は作者の出世作であると同時に代表作となった。カヴァレリア・ルスティカーナとは田舎の騎士といった意味であるが、話の筋書きは恋愛を元にしたわだかまりの結果決闘が行われて悲劇に至るというものである。
交響的間奏曲は終盤の前に配置されたもので、単独でも演奏されることが多い特に有名な曲である。 2つの部分からなり、前半は原曲では弦楽とオーボエによる宗教的な雰囲気の音楽で、非常に美しい繊細な進行の和声が特徴である。後半は対照的に旋律を中心とした音楽で、最初の小楽節の動機を巧みに組み合わせて印象的な旋律が作られており、原曲ではオルガンとハープのハーモニーの上に全弦楽器のユニゾンによって豊かに旋律が奏される。編曲にあたっては原曲のオーケストレーションの持つ雰囲気を重視し、マンドリンオーケストラの基本構成の弦楽器によってそれを表現した。

「最新名曲解説全集 第20巻 歌劇III」音楽の友社 (1980)
「音楽大事典」平凡社 (1983)
「新訂 標準音楽辞典 第二版」 音楽の友社 (2008)
posted by コンコルディア at 19:53| Comment(0) | 45th定演曲目解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント