2016年06月07日

マンドリンオーケストラのためのファンタジーII

マンドリンオーケストラのためのファンタジーII
(1981)
小櫻 秀爾 (1938.8.19 Nagoya 〜)

I. Adagio
II. Vivace - Adagio

 作者は名古屋市出身の作曲家。1961年に愛知学芸大学(現在の愛知教育大学)音楽科を卒業後、学校教諭を経て1966年に東京芸術大学作曲科に入学、長谷川良夫に師事した。1970年卒業後、作陽音楽大学講師、名古屋音楽短期大学講師を歴任、1976年以降は名古屋音楽大学に勤め、現在は名誉教授である。
 マンドリンのための作品も多く、マンドリンオーケストラのための作品として躍動、燦など、2つのマンドリン四重奏曲、マンドリンとピアノのための煩悩林、マンドリン独奏のためのトッカータなど様々な編成で作曲を行っている。第2回日本マンドリン合奏曲作曲コンクールにおいてふしぎなマンドリンで佳作入選している。
 本曲は1981年に京都教育大学マンドリンクラブの委嘱作品として作曲され、同クラブの第22回定期演奏会で初演された。2011年にパート譜を含む楽譜が作者によって作成され、その前後に若干の改訂がされている。深淵なAdagioと躍動的なVivaceの魅力により、作者のマンドリン合奏曲の中でも最も人気が高く演奏機会が多いものの一つである。
 2つの楽章からなるが、第2楽章の最後には第1楽章の主題が再現されるため、全体としては三部形式をなしている。緩-急-緩の三部形式で最後の緩を簡素な再現とする構成はバロックのフランス風序曲に通じる楽式観であって、楽想においてもバロックのオマージュと感じられる部分がある。全ての主題は4度の動きを共通して有しており、それが全体の統一感を作り出している。
 第1楽章は三部形式により、冒頭マンドラによって提示される主題とややテンポを速めた中間部からなる。いずれも4度上昇に始まり、模倣を中心としたポリフォニックな扱いで展開される。第2楽章のVivaceはソナタ形式による。変拍子を用いた序奏に始まり、4/4で安定した主題Aが提示される。その後低音で提示されるのが主題Bであり、再度主題Aを挟んで模倣を用いた主題Cが続く。これらはいずれも4度の動きを中心に形成されており関連性が高いが、序奏と主題Bが特に結びつきが強く第2主題群をなしており、一方で主題Aと主題Cが第1主題群であると見ることができる。展開部は3/4で、第2主題を用いた展開である。再現部では序奏、主題A、主題Bが順に再現される。この際、第2主題群である序奏と主題Bは提示と異なる調での再現である。それに続いて第2展開部が配置されており、主題Aを中心にフガートを用いた展開が行われる。その後、主題Cが提示と同じ調で再現され、さらに主題Aが再現される。最後にテンポをAdagioに戻して、第1楽章の主題が再現されて曲が閉じられる。

参考文献:日本の作曲家―近現代音楽人名事典(日外アソシエーツ, 2008)
posted by コンコルディア at 05:41| Comment(0) | 過去の定演曲目解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント