2016年06月07日

抒情的間奏曲

抒情的間奏曲
Intermezzo Lirico (1924)
サルヴァトーレ ファルボ ジャングレコ
Salvatore Falbo Giangreco (1872. 5. 28 Avola ~ 1927. 4. 8 Avola)

 作者はシチリア島のアヴォラに生まれ、同地に没したイタリアの作曲家。Falboが姓であり、Giangrecoは母方の姓を名乗ったものである。パレルモのコンセルヴァトーリオにおいてCasi とStronconeにピアノを、Favaraに対位法とフーガを、Zuelliに作曲法を学んだ。1896年にピアノと作曲法のディプロマを得て、シチリア島のニコーズィアの吹奏楽団の指揮者となり、その後アヴォラの吹奏楽団に指揮者として迎えられた。マンドリン合奏のためには、1910年のIl Plettroの第3回のコンコルソで金牌を受賞したSuite Campestre(田園組曲)、1911年のIl Plettroの第4回コンコルソで第1位を受賞したOuverture in Re minore(序曲ニ短調)、1921年の第5回コンコルソで第1位を受賞したSpagna “Suite”(「組曲」スペイン)、同じく第1位を受賞したQuartetto a Plettro(プレクトラム四重奏曲)などがある。作品数は多くないが、いずれもマンドリンのための重要なレパートリーとして受け入れられている。
 本曲は1924年にIl Plettroの作曲コンコルソで銀牌を受賞し、同年出版された。現編成はマンドリン二部、マンドラ、ギターの四部合奏であるが、本日は低音部の補筆を行って演奏する。
 本曲は2つの主題による二部形式である。ファルボの楽式について考えるときに、ソナタ形式の適用の観点から考察することは興味深い。

table.gif

 これらの作品を俯瞰すると、ファルボのソナタ形式の捉え方とその変遷が見て取れる。ソナタ形式は一般に、2つの主題の調性対立とその緩和を軸にした楽式であると定義づけられる。この観点で見た場合、展開部があって再現において両主題が主調に回帰する田園組曲第1楽章は最もソナタ形式らしく、展開部がなく提示と再現の調がほぼ同一であって調性対立に変化がない抒情的間奏曲は最もソナタ形式らしくない。その他の作品はそれらの間にグラデーションのように存在している。上記の表は作品を年代順に並べたものであるが、ソナタ形式の濃淡はほぼその順に沿って移り変わっている様子が見られる。その他の特徴として、主題内部で明確に複数の調を示して、それを調性対立の変容の要素に用いている点が挙げられる。組曲スペイン第1楽章はその代表的なものであるが、それと同様の扱いを抒情的間奏曲にも見ることができる。
 本曲は前述のように2つの主題からなる。第1主題はマンドラによって提示される近代的な響きをもつものである。他方第2主題はマンドリンによって提示され、バロック舞曲であるサラバンドのリズムを用いた古風な印象の主題である。サラバンドのリズムは第1主題の一部分にも用いられ、両主題をつなぐチャネルとなっている。


参考文献:
同志社大学マンドリンクラブ第132回定期演奏会パンフレット付録資料「アレッサンドロ・ヴィッツアーリとイル・プレットロ誌の作曲コンクールについて」
岡村光玉氏によるサルヴァトーレ ファルボとマンドリン音楽(中原誠 発行) http://www.ne.jp/asahi/mandolin/falbo/
posted by コンコルディア at 05:40| Comment(0) | 過去の定演曲目解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント