2012年01月10日

1月9日練習報告

皆様こんにちは。
今年最初の合奏練習がスタートしました。
1月9日の練習報告を、2ndのかなざわがお送りいたします。

今回の練習メニューは、

・華燭の祭典(G.Manente)
・星の庭(小林由直)
・2つの動機(吉水秀徳)
・ローラ序曲(G.Lavitrano)
・夜曲(S.Copertini)

でした。
今年の定期演奏会は、第40回記念定期演奏会ということで、馴染み
やすいキレイな曲目が多いのですが、今回の練習は、その中でも選り
すぐりのキレイな曲たちといった印象です。

・華燭の祭典
今年初の練習、そして、部員Kさん・Tさんのお誕生日というこの日に
ピッタリなお祭りの曲で、合奏スタートです。
さすがマンドリン界の名曲!荘厳な響きあり、楽しいリズムあり、
美しい旋律あり、弾くたびに好きになります。

・星の庭
改訂版でなく、初版で、ということになりました。
夜空にきらめく満天の星、キラッときらめいた瞬間、天からこぼれ
落ちそうな輝きが、心に浮かぶような曲です。
昔、流星群の観測のために、高校の屋上から眺めた夜空を思い出します。
3D映像さながらの、果てしなく広がる星空。
そんな星の庭が描けたら最高ですね。

・2つの動機
この曲は、学生時代に弾いた思い出の曲です。
初めて聴いてもどこか懐かしさを感じるような、優しい、暖かい旋律
が印象的です。
当時は、いい曲だな...と思いつつ、元気に弾くことを楽しみましたが、
今は、コンコルディアで大人っぽく進化するモチーフが楽しみです。

・ローラ序曲
緩急のはっきりした軽快な曲です。
シーズン初日から練習を重ね、楽しそうな演奏になってきました。
1stさんも、「速弾きが...。」と言いつつ、やっぱり楽しそう。

・夜曲
練習の最後に通しました。静かな美しい曲です。
この曲も学生時代に弾いたことがありますが、あらためて、こんないい
曲だったのか...と驚きました。
個人的には、学生時代に経験のないほどのpppが新鮮です。
心を癒し、気持ちを静めたい時に、ピッタリな曲だと思います。




...と、何とかあれこれ書きましたが、新入りの私にとっては、この日も
合奏できたこと自体が、何より素晴らしいことと思えてなりません。

長いブランクを経て、ある日、扉を開けたら合奏している人たちがいて、
「どうぞ。」と言ってもらえた喜び。
思い出の曲も、初めての曲も、新鮮な驚きに満ちています。
コンコルディアの懐の深さに、心から感謝です。

進学、就職、転勤、と環境が変わっていっても、続けていきたい趣味が
あることは、何よりの心の拠り所となることと思います。
皆様の見学をお待ちしております!
posted by コンコルディア at 21:32| Comment(0) | 過去の練習報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント