2011年12月03日

11月27日*練習報告

皆様こんにちは。
11月27日の練習報告を、1stのNONがお送りいたします。

この日は練習前に、今年度初の「総会」が行われ、
6月の定期演奏会までの行事予定や予算報告などを話し合いました。
そのため多くの団員が参加し、練習も賑やかでした。
さらに、コンコルディアでは久しぶりに、チェロパートに女性が見学にいらっしゃるということで、
心なしかみんなウキウキな感じです。

練習メニューはこちら。

夜曲 (S.Copertini)
玩具 (帰山栄治)
星の庭 (小林由直)
華燭の祭典 (G.Manente)

***

「夜曲」は、今季初合わせでした。優しく美しい小曲です。
フレーズを大切に弾きたい素敵な曲であり、
また今回の演奏会でこってりメニューが並ぶ中、お口や胃腸にやさしい箸休めというか、
また並みいる激しい曲、緊張感の続く曲達の中で、ちょっとほっとする「心のオアシス」的な役割を果たしてくれるという意味でも「素敵な曲」であります。

「玩具」は名古屋の巨匠・帰山栄治先生の曲です。
帰山先生の曲は「難解」というイメージがあるかもしれませんが、この「玩具」はその中でも聴きやすい方なのではないかと思います。
「序(DJO)」「動(DOH)」「静(SEI)」「進(SHIN)」の4曲からなり、
特に3曲目「静(SEI)」は、どこか郷愁を誘われるような子守歌や民謡のようなフレーズが顔を出し、ちょっと泣きそうというか、胸がキュンとしてしまいます。
…まさか帰山作品で胸キュンしてしまうとは!…

「星の庭」は、前回は初版を、今回は改訂版を弾いて比べてみました。
1stはどちらもあまり変わらないのですが、パートによってはかなり違うようです。好みはそれぞれですが、初版が好きだという団員が多そうです。
ところで、「星の庭」って、美しい言葉だと思いませんか。
夜空いっぱいに広がる星。真っ暗な闇の中に宝石箱をひっくり返したように散らばる光の粒たち。
その星空を「庭」と表現した小林先生の感性に、心を打たれました。
私の田舎は街灯が少ないので、特に冬の夜は星がとてもきれいです。
この曲を聴くと、学生時代、寒い夜にアルバイト帰りの私を自転車で迎えに来た高校生の弟と二人で見上げた、満天の星を思い出します。
このブログをお読みの皆様の心の中にも、それぞれの「星の庭」をお持ちのことと思います。
コンコルディアの「星の庭」が、聴いていただく方々の心を少しでも揺さぶることができたらいいなあ…、と思いながら練習しました。

最後に「華燭の祭典」。マンドリン界の名曲です。
もとは吹奏楽の曲で、2楽章などはマンドリンアレンジと全く違うイメージなのですね。
冒頭部分は金管・木管楽器のハーモニー。これも素敵なのですが、やはりマンドラsoliの荘厳な響きはマンドリンオーケストラならではの美しさです。
また3楽章では1stに鬼のような速弾きがありますが、今回の演奏は鬼が出てくるほどの速さではありません。
ひとつひとつの音を大切に鳴らし、全体の構成を意識しながら弾く「大人の演奏」を目指します。
しかしこの速さでも弾けない私はどうすればいいのでしょうか。時節柄「戦力外」「トレード」の言葉が頭をよぎります…。

***

練習後はいつもの天狗で、見学にいらっしゃった方の歓迎会です。
今春大学を出たばかりというピチピチガールを囲み、大学時代に弾いた曲や、思い出の曲などの話題で盛り上がりました。
また今回の見学のきっかけは、2年前にコンコルディアが演奏した小林由直先生の「海光る風」を聴いたことだったという嬉しいお話も聴かせていただけました。
また他に「オトナ女子会席」「超濃厚カエリヤマ席」に分かれ、それぞれ楽しい時間を過ごしました。
ちなみに私は「ピチピチガール歓迎席」だったのですが、同郷・名古屋出身の先輩と同席したため、不覚にも「名古屋主婦トーク」で盛り上がってしまいました。
「どっちがおいしい?赤味噌ブランド対決・イチ○キvsカク○ュー」
「N古屋大出身者によるカエリヤマ曲演奏時のパフォーマンス・熟女編」
「関東では1弦・2弦って言わないの!? 初見の曲を弾く時に言う「音取り」のことを中京圏では”×入れ”って言うけど放送禁止!?」
などなど、他の同席の皆様を若干置いて行き気味にしてしまいました。ごめんなさい…。


そんな感じで今回も長文でお送りしました。コンコルディアの雰囲気を少しでも感じていただければ幸いです。
また、ちょっと興味があるな…と思ってくださった貴方は、コンコルディアのホームページからお気軽にアクセスください。
「知ってる人いないから一人で見学に行くの不安…」というシャイボーイ&ガールも、
「そういえば弦錆びてるかも…」という昔は腕に覚えがあった奥様やオジサマも、
ご安心ください。団員一同、大歓迎です。お待ちしております!

コンコルディアのホームページ
http://concordia.or.tv/

「海光る風」の演奏風景動画はこちらからどうぞ☆
posted by コンコルディア at 21:43| Comment(0) | 過去の練習報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント