2010年05月31日

5月30日パンフ作成中

今日はドラのMが初ブログさせていただきます。

気がつけば本番まであと3週間、定演に向けて各役員も準備に追われる時期となりました。
私の担当はパンフレットの編集。という事で、今日はちょっと趣向を変えて、パンフの紹介などさせていただこうかな、と思います。

コンコルの演奏会は選曲がちょっとヘビーだと言われたりしますが、パンフも負けず劣らず“みっちり”してるんですよー。
作曲者のプロフィール、時代背景、曲の構成、作曲者のコメントなど、一曲一曲丁寧に解説されているんです。
数年前からメインの執筆者が交代しましたが、筆勢は変わる事無く、編集者泣かせの怒濤の文字数の原稿が上がってきます。
気のせいか、年々ボリュームアップしているような。。。
今年もトリの「夢の眩惑」は指定文字数の2倍、しかも何かおまけがついてるあせあせ(飛び散る汗)
ヒェーとなりながらも、やりくりして何とか納まってくれました。
渾身の解説文、是非じっくりとお読み下さい。

それから、パンフの表紙も毎回曲をイメージしてイラストをおこしてます!
今年は「夏の庭」になる予定。
この曲はとっても絵画的で、弾いていると、虫の羽音や鳴き声、勢い良く茂った夏草の青臭いにおい、日差しがさっと陰って池の上を風が吹き抜け、一瞬静寂が訪れる感じ、などどこか懐かしい夏の日の情景が浮かびます。
うまく描ければ良いのですが。。。頑張りますダッシュ(走り出すさま)
とても美しい曲ですので、お客様にも、それぞれの夏の庭のイメージを重ねながら聴いていただけたら。。。と思います。

以上、定演パンフの紹介(宣伝?)でした!
posted by コンコルディア at 00:36| Comment(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。