2012年02月02日

1月29日*練習報告

皆様、こんにちは。
1stに先に入団したラフレシアに誘われてコンコルの世界に迷い込んでしまったほっしーです。

今回の練習メニューは
 ・LOLA
 ・宇宙船「地球号」は歌う
 ・FESTA DI NOZZE
 ・大幻想曲「幻の国」〜邪馬台〜 
 (以上、譜面タイトルのまま)でした。


この報告では、練習に際しての曲に対しての感想なり思い入れなりを書かれているようです。しかし私は、前日に譜面をプリントし、事実上初見で合奏に参加するという無謀な状況であったため、今回の合奏中は譜面を見失わないようにするのが精一杯でした。したがって、とても曲の感想を申し上げられるような境地には至っておりませんが、私なりに感じたことを気ままに書かせていただきます。

・LOLA
私の全く知らない曲です。どこかで聞いた演奏会のプログラムにはあったのかもしれませんが、私の記憶には残っていません。思わぬところにリピートがあったので、しばし「彷徨える亡霊」となってしまいました。

・宇宙船地球号
熊谷先生の作品は群炎Yをチェロで演奏したことがありますが、ギター譜を見るのは初めてです。途中、音符がコードでしか書かれていない部分があります。m7はなんとか分かりますが、dimは私にはお手上げです。次回までに勉強しておきます。
 
・華燭の祭典
この曲は、私の記憶にありました。しかし、記憶にあることと弾けることは全く異なるということを思い知らされました。
  
・邪馬台
なんか弾いたことのあるような曲だと思ったら、家にあるCDにこの曲があり、しかもギターパートの欄に私の名前がしっかりと載っているではありませんか。20年の歳月の酷さを感じずにはいられません。

以上、私の見学レポートでした。これを踏まえて、いただいた入団申込書をどうするか考えることにします。


練習後は、いつもの天狗です(私にとっては初めてです)。
20年以上遠ざかっていた世界でしたが、東京のこんなに身近なところにこれ程ディープでコアでかつ私にとって親近感のある世界が広がっていようとは全く知りませんでした。
学生時代に私の1年先輩であられた某K氏とも大学卒業以来の対面です。翌週からは九州へ行ってしまわれるとのことで、”後を頼む”とおっしゃられましたが、20年のブランクがなかったとしても私はK氏の足元にも及びません。早くお戻りください。

作法を知らないもので、至らぬ点が多々あるかと思いますが、これからもよろしくお願いいたします。
posted by コンコルディア at 23:08| Comment(0) | 過去の練習報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする