2011年09月12日

9月4日練習報告 「今回のコンコルはひと味ちがうよ!」


ベースのわくです。
忘れないうちにブログを更新しましょう。
来年6月16日(土)の第40回記念定期演奏会に向けた練習がついにスタート。

練習した曲たち
○「ローラ」序曲 (H.ラヴィトラーノ)
○マンドリンオーケストラのためのボカリーズNo.8 宇宙船「地球号」は歌う (熊谷賢一)
○大幻想曲「幻の国(邪馬台)」 (鈴木静一)
○幻想曲「華燭の祭典」(G.マネンテ)
○星の庭(小林由直)
○2つの動機 (吉水秀徳)

ね、何かちがうと思いませんか、今回のコンコル。

○「ローラ」序曲 (H.ラヴィトラーノ)
今回は、40回記念ということで、OBの方と一緒に演奏します。
この曲は第1回演奏会の1曲目という、記念すべき曲。
第1回演奏会でタクトを振ったOBが指揮台に立ちます。

…意外とムズい。

ちなみに原版はチェロ・ローネ・ベースのパートが含まれないため、
帰山栄治編曲版を演奏予定。
大丈夫、このへんはいつもどおりのコンコルです。ニセモノじゃないです。

○マンドリンオーケストラのためのボカリーズNo.8 宇宙船「地球号」は歌う (熊谷賢一)
前回の「群炎T」につづき、熊谷賢一作品を取り上げます。
指揮者25年の念願で、本番泣くそうです。

リズミカルで楽しげな曲。
世の中いやなことばかりじゃないよ、楽しく生きようぜ。って感じでしょうか。

○大幻想曲「幻の国(邪馬台)」 (鈴木静一)
8月の「鈴木静一展」、聞きに行かれた方もいるのではないでしょうか。
コンコルからは実に15名のメンバーが参加していました。
あ、いや、僕は乗ってもいないし見に行ってもいないのですが…。
鈴木静一先生の曲を弾きたいな、なんて思った方は是非コンコルに!

これまた意外と休む間のない曲で、体力かなり消耗。

○幻想曲「華燭の祭典」(G.マネンテ)
実際に演奏会で取り上げるかどうかは不透明なのですが、練習してみました。
過去弾いたことがある人もかなりいます。
僕も大学生の時、関東学生マンドリン連盟の卒業演奏会で弾きましたよ。
(歳がばれる)

深く練習することができない合同演奏会だったからか、歳をとったからなのか、
あれ、こんないい曲だったけ? って感じ。

この曲は弾いたことがある、っていう人多いですよね。

○星の庭(小林由直)
個人的に念願の曲です。
コンコルで取り上げるのは三回目。1999年以来ですか。
この曲も弾いたことある人多いでしょう。

僕はこの曲の第1主題で泣きます。きっとびしょびしょです。
出だしのロングトーンむっちゃ練習しよ。

○2つの動機 (吉水秀徳)
一部の団員念願の曲。
これもコンコルでは三回目。でも前回20年前なんですね。
最初に演奏した時はほぼ?関東初演だったそうです。
吉水先生の曲は「序曲」はコンコルで初演してますし、
コンコルのアンコール曲「Dear Concordia」は吉水先生作曲。

数名が泣きます。
今回は泣いてばっかりですな。


というわけで、久しぶりに参加されるOBOGと一緒に演奏することもあって、
今回の演奏会の曲目はいつもとちがってあれです、爽やかです! マニアックじゃないです!
でも、今のコンコルディアでしかできない演奏ができるような気がしています。
根拠はありませんけどね。

二週間に一度の練習が始まりました。
昔弾いたあの曲、この曲をもう一度弾いてみたいと思った方はぜひ、コンコルディアの練習においでください!
posted by コンコルディア at 22:01| Comment(0) | 過去の練習報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする