2011年06月17日

群炎I

マンドリンオーケストラの為の群炎I
(1971、改訂2000)
熊谷 賢一
Kenichi Kumagai(1934.2.16 Yokohama〜)

 作者は1934年に横浜に生まれ、愛知学芸大学卒業後、間宮芳生、助川敏弥の両氏に師事、NHKの委嘱による作曲、指揮活動を開始した。その後、川島博、中川弘一郎の両氏と「三音会」を結成し、各種音楽団体の委嘱による作曲活動をはじめとしてドラマ、映画、舞踊、室内楽、合唱、と幅広い活躍を続けてきた。合唱曲の分野では特に多くの作品があり、雑誌「教育音楽」において73年より継続して小中高生の為の合唱曲を多数発表した。特に日本作曲家協議会主催の演奏会では「地球の夜明け」「風花」「2つの春の歌」などが初演されている。他にも90年には朝日新聞社・日本合唱連盟主催による第一回朝日作曲賞で「イタリアの女が教えてくれたこと」が第一位を受賞している。その他「やがて雨のあがる朝に向かって」「夜明けに寄せる3つの歌」、歌曲集「北の雪降る街から12ヶ月の歌」、創作オペラ「ゆきおんな」、管弦楽と鳴り物の為の「群炎」、など多くの作品が全国で演奏されている。 
 マンドリン合奏には実験的な音楽から平易なアンサンブル用の作品まで多くの作品を残しており、ボカリーズI〜X、群炎I〜VI、ラプソディーI〜VI、バラードI〜VI、プレリュードI、等がある。作者のマンドリン合奏のための作品は、学生団体の不作法や著作権処理の不備などを理由に1996年から2000年の間演奏凍結がなされていたが、氏の作品を初演するなど縁の深いプロムジカマンドリンアンサンブル(広島)の創立者であった高島信人氏の働きかけや斯界からの熱心な要望もあり、現在では作者との適切な手続きを踏まえて演奏が可能となっている。
 本曲は作曲者にとって最初のマンドリン合奏のための作品で、1971年に東海学生マンドリン連盟演奏会(名古屋学院大学ブロック)において初演された。その後数回の改訂がされている(ギターパートの大幅な改訂は1980年代前半には既に行われていたらしい)が、今回のプログラムでは2000年のプロムジカマンドリンアンサンブルの第21回定期演奏会「熊谷賢一の世界(1)」における演奏凍結解除の際に再改訂された版を用いる。
 本日の演奏を聴いて、40年前にマンドリン合奏のためにこのような曲が作曲されていたことに改めて驚きを感じる方もいるのではないだろうか。同年の東海学生マンドリン連盟演奏会では川島博の最初のマンドリン合奏曲である北設楽民謡「せしょ」も初演されている。大栗裕のシンフォニエッタ第1番の作曲が1967年、その後継続的に器楽曲を作曲するのが1972年からであることと併せて考えると、同時期には日本的な音素材を現代的な扱いで導入した作品がマンドリン音楽において受容され始めたと見ることもできる。
 作者のマンドリン合奏曲は、特に後期の作品においては自作の合唱曲を接続曲風に編曲するなどして、歌謡性が重視されているものが多い。初期の本作においては、緊張感のある不協和音や激しいアーティキュレーションにより、タイトルからも想像されるような力強さ、荒々しさが音響に表れている。しかしながら、その根幹をなすのはやはりうたごころである。ひとつの旋律を何度も繰り返しながら、アーティキュレーション、ハーモニゼーション、オーケストレーションが様々に変容する。その中心にあるのはまさに歌を歌うこころである。
 それがマンドリンオーケストラ以外ではなしえない音響とともにひとつの世界として結実している様は、マンドリン音楽にとっての稀有なひとつの宝玉である。このような曲がそれまでマンドリン合奏のための曲を作曲しなかった作者によって書かれたということは、マンドリン合奏を熟知しない者によってマンドリン音楽の全く新しい世界を切り開くことができるという意味において、この音楽に携わる者にとっての大きい希望である。作曲40周年という節目の年にこの音楽に触れられる喜びを、聴衆の皆様と共有したい。
 曲は大きくは三部形式による。前打音を伴う撥弦音に始まった音楽は、ギターの分散音型に導かれるようにして主題を提示する。主題の旋律は日本の5音音階である陽音階を(厳格ではなく)用いたもので、楽節の最初と最後の動機を共有する2つの形(順にAとBと呼ぶ)を有する。提示部では特にBの主題が多様に歌われる。中間部はテンポを落とした静謐な音楽で、別の5音音階である律旋法の旋律と5度および4度の堆積を中心とした和声でできており、雅楽のような音響を作り出している。再現部では主題が中間部の4度5度和声を伴って再現される。最後にはAの主題と同時に中間部の旋律が再現され、曲が閉じられる。
 
参考文献:音楽家人名事典 新訂第3版 (日外アソシエーツ, 2001)、マンドリンオーケストラコンコルディア第32回定期演奏会パンフレット、邦人作曲家・マンドリンオーケストラ作品リスト
posted by コンコルディア at 21:37| Comment(0) | 過去の定演曲目解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする